大腸がんを治療する【ヘルス支援活動部隊】

医者

命の危機に瀕する病気

女性

胆のうがんはあまり知られていない可能性のある癌の一種ですが、人間の身体に大変な影響を及ぼすことが分かりました。癌はもちろん恐れなければいけない病気の一種なので、早期発見に努めていけば必ず抑えられると思います。

自分の体は自分で守ろう

PC

乳がんは最近では若い人にも、増えてきているがんです。若いからと言って安心せず、検診をしっかり受けてください。また、定期的なセルフチェックも合わせることにより、さらに早期発見が期待できます。自分の体は自分で守っていきましょう。

基本となる2つの手術法

専門医による高いレベルの治療に定評があるクリニックがこちらです!世田谷でリウマチ治療を受けたい方におすすめ!

生活に寄り添う医院として評判なのがこちらの都筑区の内科です。あなたも体調がすぐれないときに利用してみてはいかがでしょうか。

内視鏡手術

PC

大腸がんの治療方法は大きく分けて、2つに分類されます。大腸がんの検査や診断の段階で、特に有効な機器に、内視鏡というものがあります。先端を体内に挿入することで、内部の映像を手に取るように見ることができる機器です。患部の表面を拡大して観察することもできるため、より綿密な治療を行うことができます。これを利用したものが、1つ目の治療方法である、内視鏡手術です。腫瘍の大きさや進達度によって、内視鏡的ポリープ切除術、内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術などが使い分けられます。これらが適用されるのは、がん細胞がリンパ節に転移しておらず、進達度が粘膜に留まっている、いわゆる病気の初期の段階に限られます。

外科手術と、補助的方法

2つ目は、大腸がんの治療で最も基本となる、外科手術です。ある程度進行してしまった大腸がんは、内視鏡のみでは治療が不可能になり、患部と周囲の臓器をまとめて切除する必要が出てきます。その際に切除する筋肉や神経によっては、排便や性機能に障害が起きる可能性も出てしまうのが難点です。内視鏡治療と外科手術の際に、合わせて使われることが多いのが、放射線治療です。がんの苦手な高エネルギーのX線を体外から照射することで、手術前に腫瘍の大きさを縮小させます。その他として、化学療法が使われることもあります。ただし、手術後のがん再発を抑えるための役割、もしくは手術でも根本的な治療が見込めないケース対する、延命措置として使用されます。

悩みの大腸がんを治療する人は要CHECK!高い治療効果を期待できるこちらがお勧めです。辛い症状を著しく緩和できますよ。

がんの進行を阻止する免疫療法で病気の改善に取り組みましょう!こちらでは経験豊富な医師の診断を受けることができますよ。

脳動静脈奇形の手術に不安を抱えている方はコチラをご覧になると良いでしょう。専門的な治療を行なう病院では最新の医療を提供しています。

早く見つけることが大切

女性

大腸は、盲腸に始まり結腸と直腸、そして肛門へと続きます。そして、これらの粘膜にできるがんが大腸がんです。症状はがんができた場所で異なりますが、血便などの異常が見られたら直ちに医療機関にかかりましょう。がんを早期発見できればその分治療にかかる負担は減ります。